【MU Legend】クラスバランス調整(海外情報)

今までいろいろバランス調整のパッチの記事を書いてきましたが、いずれも韓国のことでなので実装は少なくとも半年レベルで先と予想していました。

 

ただ、今回はグローバルサーバーにノリア大陸実装と同時に来るバランス調整のことを紹介しようと思います。

 

ソース

MU Legend: The Next-Gen Action MMORPG

 

 

f:id:poyaya:20180804100010p:plain

ウィスパラー

今回のバランス調整で最も変換したキャラクターになります。

・MU Legend内で防御力が一番低いキャラでしたが、ウォーメイジと同等かわずかに上回るレベルに変更されます。

あと以下の記事の内容がそのままノリアと同時にくるようなので大幅な強化は間違いないでしょう。

www.tamagon.online

 

ウォーメイジ

文章量が多すぎて翻訳につかれたのでGoogle先生に頼りました・・・ごめんなさい。

時間を見つけて翻訳しておきます。

 

要点をまとめると強化された部分もあるけど、PvP面で突出してた部分を削った感じです。

ザ・ウォーメイジは様々な動きと無敵スキルを持つどんな状況で輝く魅力的なクラスです。

戦争魔道士の強みの1つは、独自の技能が生存を確保しながら敵を攻撃することです。

PvPでは、War MagesはMU Legendの最も強力なスキルの1つであるHallucinatory Infectionの使用と同様に、多様な動き、ステルスと無敵のスキルを使用して相手を圧倒します。

このため、War Magesは危険度の低い大規模なダメージを自分自身に与えることができますが、他のクラスは撃退してからでも反撃することができます。

したがって、我々は、強力なスキルがより大きなリスクをもたらすべきであると判断しました。

私たちは、この問題に2つの基本原則を念頭に置いてアプローチしました:

1)PvPのバランスを調整しながら、PvEへの影響を最小限に抑えます
。2)以前のゲームプレイの信頼性を維持しながら、変更の範囲を最小限に抑え

ます。軽微な調整でもあなたを失望させないように、 。

今回のアップデートの後、War Mageクラスを詳しく監視して作業します。

1.幻覚性感染症

[更新前] 570%のDoTダメージを処理する敵の攻撃に4秒間適用、MPコスト19、半径250mでダメージを与える

[更新後] 4秒間持続する幻覚領域を作成するDoTのダメージを570%で、MPのコスト76、400mの半径でダメージを与える

▶幻覚の感染は圧倒的に強力です。この致命的なスキルは、PvP設定での殺害をほぼ保証します。

このスキルをどのように再設計すべきかについて私たちは長く考えました。

アイデアは、他のプレイヤーがこのスキルを回避する方法を工夫しながら、PvEへの影響を最小限にすることでした。

幻覚感染症の傷害、幻覚効果およびMP回復効果は依然として存在する。

ただし、効果の範囲内にいる敵にのみダメージを与えることができます。

したがって、PvPの試合でこのスキルに実際のダメージを与えるには、それをさまざまな群衆のコントロールスキルと組み合わせなければなりません。

この変更がPvEに及ぼす影響を最小限に抑えるため、効果の範囲を50%以上広げました。

また、効果の範囲内で敵が死亡した場合でも、幻覚効果は他の敵に広がります。

これまでと同様に、有効範囲外の敵も感染しています。

2.フルスロットル

[更新前]ステルスを1.5秒間授与し

ます。[更新後]ステルスを1秒間授与し

ます。▶フルスロットルは非常に便利なスキルです。

ステルスを与えるので、スキルはPvEとPvPの両方の他のクラスの移動スキルよりはるかに便利です。

問題は、Full Throttle、Bloodfest、Glacier Prison、Danse Macabreなどの他のWar Mageスキルと組み合わせて使用​​すると、さらに致命的になるということです。

クールダウンの増加やMPコストの増加など、このスキルを調整するためのさまざまなオプションを検討しました。しかし、PvEへの影響が最小限であるオプションを見つけることは困難でした。

そのクールダウンを1秒も上げると、ゲームプレイの経験が大幅に変わります。このため、Stealthの期間を少し短縮しました。

これは戦争の魔法使いがどこからでも出て来ないようにして、様々な無敵の技能と戦場を荒廃させ、薄い空気に消えていくことです。

そのため、War Mageのスキル再調整の焦点は、幻覚感染症とフルスロットルの2つのスキルでした。

私たちは、ネガティブな調整についての意図やアイデアを共有するよう最善を尽くします。

次のセクションでは、武器のスキルの更新について説明します。

我々は、プレイヤーによってほとんど無視されていた武器のスキルを改良した。

3.戦争ベテラン

[更新前]攻撃範囲2m、効果範囲(500,50)

[更新後]攻撃範囲5m、効果範囲(800、65)

▶魔法の剣は戦争魔法の大部分が好む武器です。すべてのWar Magesも同じ武器スキルを使用します。

確かに、最も効果的なスキルの使用に問題はありません。

しかし、他の技能がそれほど劣っていて、プレイヤーが実行可能な選択肢とは考えていない場合、それは別の話です。

このアップデートにより、War Veteranスキルの範囲と効果範囲が大幅に強化されました。

スキルの視覚効果を見直し、プレイヤーが直感的に損傷領域を見ることができるようにしました。

スキルは緯度方向のより広い領域をカバーするようになりました。このスキルはMarching Bladeとは異なる方法で役立つことが期待されます。

4.魔法の剣>(新)魔法の剣の投げ

[更新前] 130%のダメージを与えます。正面攻撃、3度目のヒットダメージ3体の追加敵

[更新後]魔法の剣を前面に投げて130%のダメージを与え、70%のダメージを

与えることができます。攻撃▶戦争ベテランとマーチングブレードは戦闘マージにエリアダメージを与えるのに十分な能力を与えると考えました。

そこでTorment Waveを削除し、それをMagic Sword Throwに置き換えました。

Magic Sword Throwは遠くのターゲット(Whispererのような)を攻撃するシングルターゲットスキルです。

状況に応じて、これらのスキルを戦略的に切り替えることができます。

5.カオスオーブ

[更新前]攻撃範囲10m 

[更新後]攻撃範囲12m 
▶スタッフの武器のスキルを変更したのは攻撃範囲を広げることでした。

Noriaのアップデートでスタッフ自身が改訂され、今後リリースされる予定のスタッフが増えています。

今回は、スキルの変更ではなく受動的な効果の変更に焦点を当てています。

6.エネルギー爆発

[更新前]攻撃範囲11m 

[更新後]攻撃範囲12m 

7.武器パッシブ(スタッフスペシャライゼーション)変更

[更新前]半径7m外の敵を攻撃すると、プレイヤーの攻撃は10%増加する

[更新後]半径6m以内の敵を攻撃すると、攻撃力が7%増加し、遠くに敵を攻撃すると15%増加します。

▶これまでの受動的な効果は、距離のある敵を攻撃するためのものです。

Noriaのアップデートでは、スタッフの武器の「遠隔武器の感触」を維持しながら、さまざまな状況で有益な効果を与えるように効果を変更しました。

今度は、半径6m外の敵を攻撃すると、プレイヤーの攻撃力が15%増加し

ます。これは、より短い範囲でより多くのダメージを与えることができることを意味します。

また、あなたが近くにいるときでも、あなたはまだあなたの攻撃に7%のブーストを得る。基本的に、あなたの攻撃は一定の7%の攻撃力を得ています。

 

ダークロード

今回のパッチでクラスとしての方向性を明確にする大幅な調整を受けています。

・攻撃スキルを弱めているわけではなく、マナ管理が非常に難しいキャラになる。

具体的にはマナ系の回復力スキルや、回復力を下げて調整している(攻撃力はそのままだが管理が大変になった)

 

1.「浄化の神光」のマナ回復量を変更

変更前:マナを50%回復

変更後:マナを40%回復

f:id:poyaya:20180804093043p:plain

 

2.両手武器ウェポンスキルのマナ回復量を変更

変更前:攻撃当たり15マナ回復

変更後:攻撃当たり12マナ回復、攻撃力を10%増加

 

3.インペリアルオーダーの効果時間を変更

変更前:10秒間の効果

変更後:7秒間の効果に減少

f:id:poyaya:20180804095537p:plain

これはクールタイム減少50%状態だとほぼ常時インペリアルオーダーをかけることができるので、攻撃に集中したい場合のみ利用するようにする設計にしたようです。

 

ダークロードは弱体化ではなく、攻撃力を上げるけどマナ管理が非常に大変になるということです。マナの枯渇に対してどうやってDPSを出すか工夫が必要ですね。